読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ちょっと曲がった家

香川県で建築家と「ちょっと曲がった家」を建てました。。。(2014-2015)

昭和タイルを使いたい

Kさんから「照明よりも、まず屋根と外壁を決めないと(汗)」と言われて、真面目に外観を考え中です。。。

私のイメージの外観は、
 屋根:平瓦で黒か濃い目の銀
 壁:温かみのあるアイボリー~ベージュ

という曖昧な感じでしたが、もう少し具体化しないといけません。

見積書によれば、瓦は『スーパートライ110スマート』、外壁は『ジョリパット吹付工法』となっています。

鶴弥のネコビックリ顔のネコがHPのトップww

鶴弥平瓦スーパートライ

三州瓦メーカー鶴弥の『スーパートライ110スマート』
スッキリしたデザインとベーシックな色合いで、和洋問わずに合いそうです。

ジョリパットについては、体育館や学校の校舎の壁のイメージ程度しかないので、また改めて勉強します(^^;

昭和風タイルが気になる

ずっと心に秘めていたけど、何となく言い出せずにいた「昭和っぽいレトロなタイルを使いたい!」という希望を思い切って提案してみました。

家の外観イメージ図久しぶりの提案書ww

そう、築40年くらいの家に良く貼られているあのタイル(夫の実家も貼ってます)
あの昭和っぽいタイルをどうしても使いたくて!!(>_<)

 私が探した範囲では、名古屋モザイクの『ひだS』が現行品であるんですが、これはブルーが明る過ぎでした。

ダメ元でKさんに提案してみると「基礎に貼るのはどうですか?」と色よい返事がもらえ、しかもビンゴのタイルを教えてくれました!

ニッタイ昭和タイルワトウヘキ

ニッタイ『和陶壁』
冬の日本海っぽいww深い色合い…まさに求めていた色は、このナマコ色なのですQ(・∀・)ノ゜サァー!!

増額になるけど、使ってみたい!という事で、見積りをお願いしました。

ただ、木造の外壁に湿式タイル貼りは剥落などの恐れがあって、オススメできないらしく、Kさんも今まで木造にタイルはしたことないのだそう。
えぇ~、昭和の大工さんはあんなに沢山使ってるのに(>_<)

採用できるか分かりませんが、せっかく見つけた昭和タイル、どこかに使いたいなぁ。。。

補足:結局外回りの昭和タイルは断念しました。代わりに室内にボーダータイルを採用できたので、良かったら下のリンクでご覧ください。

toniho.hatenablog.jp