読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ちょっと曲がった家

香川県で建築家と「ちょっと曲がった家」を建てました。。。(2014-2015)

家づくり本:解剖図鑑シリーズ

読書の記録

今まで読んだ中で、私が参考にしたおすすめ本を紹介してみたいと思います。
まずは、定番のエクスナレッジの解剖図鑑シリーズ。

http://www.xknowledge.co.jp/data/images/n/76781828.jpg

『家づくり解剖図鑑』 大島健二
家づくり全般について書かれているのかと思ったら、建築家(筆者)のテクニック集みたいな感じでした。
設計事務所での建築を検討している人にはお勧めですが、HM志向の人にはあまり参考にならないかな~と思います(^^;

家づくり解剖図鑑 |雑誌・書籍|X-Knowledge(エクスナレッジ)

http://www.xknowledge.co.jp/data/images/n/76780918.jpg

 『住まいの解剖図鑑』 増田奏著
施主向けというよりは建築を学ぶ学生向けの入門書という感じでした。
施主が建築の基礎知識を得るには丁度良いかもしれません。

住まいの解剖図鑑 |雑誌・書籍|X-Knowledge(エクスナレッジ)

http://www.xknowledge.co.jp/data/images/n/76781238.jpg

『住宅・インテリアの解剖図鑑』 松下希和著
建築の歴史を学ぶ本という感じで、建築やインテリを学ぶ人向けの本です。
現在の建築家ではなく、いわゆる『名建築家』『偉大な建築家』と言われた建築家たちの紹介や、作品の解説がメインです。
(この本でアアルトや北欧デザインなどを知りました)

住宅・インテリアの解剖図鑑 |雑誌・書籍|X-Knowledge(エクスナレッジ)

f:id:toniho:20150113095906p:plainこれがイチオシ★

『片づけの解剖図鑑』 鈴木信弘著
プロアマ問わず多くのブログで取り上げられていますが、この本は家づくりを考え始めたら真っ先に読んでほしいと思います。(特に女性にお勧めです)
読みやすい文章に毎回捻りのあるイラストが添えられていて、繰り返し読んでも飽きません。

Amazon.co.jp: 片づけの解剖図鑑: 鈴木信弘: 本

たまたま図書館で手に取った「片づけの解剖図鑑」にハマり、エクスナレッジ出版の「〇〇の解剖図鑑」は片っ端から読みましたが、「片づけ」ほど衝撃的で幅広く参考になった本はありませんでした。。。
家作りの初期にこの本と出会えたことは、本当にラッキーだったと思います。
お陰で新居では、神棚と仏壇置場に困ることなく、自転車を雨ざらしにせずに済みそうです。

どんな家が完成したかは、↓でご覧ください。。。

toniho.hatenablog.jp