ちょっと曲がった家

妻(ブログ書いてる私)が主体になって、建築家と二人三脚で頑張った家づくり(2015年完成)と、新居での庭づくりや日常生活を記録したブログです。

私にピッタリなキッチンの背面収納って?

イケア製品の採用を断念

 今までさんざんイケアの収納製品を使った造作収納のプランを検討してきたのに、ここになってイケアの採用は無理っぽくなってきました(>_<)

こんなに色んなプランを考えたんだけどなぁ…

第1案:イケアのファクトゥムを使ったプラン

第2、3案:ボツになったプラン

第4案:イケア コムプレメントを使ったプラン

第5案:イケアのラショネルを使ったプラン

第6案:イケアのストゥヴァを使ったプラン

番外編:イケアキッチンの暗黙ルール

キッチンのイラスト

イケア製品の不安要素

イケアのコムプレメントを使った背面収納を計画しておりましたが、やはりサイズと耐荷重がネック*1でして…

同じイケア製品でもラショネルを使用するのなら耐荷重25kg*2で問題解決!なのですが、いかんせんお値段が高いのです(汗)

最高の背面収納とは

という訳で、一度原点に戻って「私にとっての最高の背面収納とは?」という事を考えることにしました。

私が背面収納に求める条件は、以下の4つです。

  1. 家電とゴミ箱がすっきり収まること
  2. キッチン用品と食品のストックが1か所に纏められること
  3. 取りたいモノがすぐ手に届く適切な配置
  4. 食器棚も兼ねること
1.家電とゴミ箱がすっきり収まること

ゴミ箱は、システムキッチン側に置くスペースがありません。

とにかく毎日使う家電(電子レンジ・トースター・炊飯器・ポット)を使いやすい高さで使いたい
さらに細かい注文をつけるなら、電子レンジと炊飯器はオヘソより上で、ポットはオヘソより低い位置で使いたい。
トースターはどっちでも構いません(笑)

2.キッチン用品と食品のストックが1か所に纏められること

今はキッチン以外にも、子供部屋の衣装ケースで食料品のストックを保管しているので、それを1ヶ所で管理したい。

3.取りたいモノがすぐ手に届く適切な配置

日常的に使う物は、1アクションで取れるようにしたい。
ついでに言うと、それぞれのモノが使いやすい高さで置けるのが前提。
でも、ホコリや油汚れが心配なのでオープン収納は積極的にはしたくない。

4.食器棚も兼ねること

今使っている食器棚は気に入ってるし、そのまま使い続けても私は構わないんですが、設計士のKさんの意見で背面収納に食器を入れる事にしました。

Kさんは予算を理由に「引出しは2個まで」と言いますが、私は食器を収納するなら、スライドレールの引出しは食器を収める分だけ必要だと思うんですけど…

別に食器棚のこだわりはないんだし、単純にコストを下げるならカウンターだけ造作したらいいと私は思うのですが、それは建築家としてのプライドなのか、Kさんは嫌らしい。。。

悩む原因は食器の収納

今見直すと、背面収納をややこしくさせているのは4なんですよね(- -;
「せっかく造作するんだから…あれもこれも」という私の野望も大きいんですが。

私が「食器棚は今のを使います!」って権力を行使すれば済むのか…?

ところで、造作の背面収納っていくらぐらいかけるのが普通なんでしょうか?
タカラのキッチンが50万円台なんで、その半分くらいが適正かと勝手に予算を考えてるんですけど、、、世間では100万以上するキッチンもザラなのに、なんでこんな勝手に設定した予算で施主が悩んでいるのか。。。
見積前なのに、こんなに悩む施主って普通なのかなぁ?

実際に採用したのは全面造作の背面収納でした↓

toniho.hatenablog.jp

toniho.hatenablog.jp

*1:イケアのコムプレメントはクローゼット用に作られた収納のため、食器など重い物を収納するには不向きなのです。

*2:キッチン用として作られたラショネルは、クローゼット用のコムプレメントとは素材も違うし、スライドレール自体もガッチリした作りなので妥当な値段ではあるのですが。。。