ちょっと曲がった家

家づくりとその後の庭づくりや日常生活の記録

TOTO システムJシリーズを検討

造作洗面台の計画当初、設計士・Kさんの提案からボウルと一体になったカウンターで造作することを考えていました。

検討したのは、TOTOのカウンターとシステムJシリーズ。

一体成型のカウンター

TOTOのカウンターカタログを見てもしっくり来るのがありませんでした。

それもそのはず、TOTOのカウンターカタログに載っているのは、手洗いカウンターなので、洗面に使うにはサイズが小さいものが多いのです。

幅50cm以上で洗面器が置ける底がフラットなボウルが良かったので、結局全部却下。

Kさんはアンダーカウンター式の陶器ボウルを強く勧めましたが、やめました。

アンダーカウンター式が嫌なわけ

よくショッピングセンターやサービスエリアのトイレにアンダーカウンター式の手洗いが使われているのですが、カウンターのつなぎ目や裏側の汚れがひどいものが多いように感じます(>_<)

カウンターから垂れた水が洗面ボウルとのつなぎ目に溜まりやすいからじゃないか…と。
カウンター裏まで拭けばいいのですが、毎日そこまでマメに掃除できないと思い、不採用にしました。

TOTOシステムJシリーズ

あまりに条件に合うのが無くて、一度思い切って陶器ボウルのこだわりを捨てようと思い、システムJシリーズのMS03を検討してみました。

TOTOカウンターシステムJシリーズ

ショールームで確認してみたら…

ショールームの展示品は、なぜか小さいキズだらけΣ( ̄口 ̄;
「展示品だからかな…?」とじっくり見直したんですが、磨きすぎなのか、たまたま展示品がオニックスベージュという素材だったせいなのか、ボウルのふちは細かいキズでツヤは全くありませんでした。。。

陶器ボウルに戻る

空拭き程度の手入れでこんなにキズが付くんだったら、使い始めたら即キズだらけになるのが安易に予想でき、結局採用は断念しました。

TOTOの製品は、モノとしてはデザインも優れてるし、人造大理石が好きな人は問題ないレベルなんだと思うんですけど、どんなに汚れていてもクレンザーで磨けばツルツルになる陶器が好きな私には妥協できませんでした。

造作洗面台になりました↓

toniho.hatenablog.jp